sponsored link

北海道で毎年7月に行われる花火大会、真駒内花火大会。

 

打ち上がる花火も多く、道民だけでなく観光客の方もお祭りを楽しみにたくさんの人が訪れます。

 

早速2019年の真駒内花火大会の日程やアクセス方法、穴場スポットなどを紹介していきますね!

sponsored link

真駒内花火大会は打ち上げ花火が多い!

毎年7月初めに開催されています。

 

真駒内花火大会で打ち上げられる花火は約22,000発と多いのも特徴。

 

花火とともに照明や音楽、炎などをミックスさせた演出は、ここでしか見られない貴重な花火です。日本最高峰の花火師があげる花火は感動レベルと評判が高いです。

 

また花火に合わせて光や音楽の演出もあり、迫力のある花火を見ることができます。

 

演出がすごいと評判がありますので、夏にいろんなところで行われる花火大会ではなく、一味違った花火大会にしてくれるのでしょう。

sponsored link

真駒内花火大会の日程

日時:2019年7月6日(土)(雨天決行)
場所:真駒内セキスイハイムスタジアム
住所:札幌市南区真駒内公園3-1

 

12時よりスタジアム外の出店が開店
17時よりスタジアムが会場
19時50分~20時50分に花火打ち上げとなります。

 

16時くらいから会場の列ができ始めるようなので早めに行くのが良いですね。

 

また花火のときには会場は真っ暗ですので、小さい子など暗いのを怖がるのであれば会場外から見るのも手です。

sponsored link

真駒内花火大会のチケット情報

真駒内花火大会はスタジアム内の開催となるので、チケットが必要です。

 

花火を大迫力に見るエキサイティングシートが販売されています。

続けてアリーナ席、スタンド席にわかれてS指定席、指定席、自由席があります。

 

各座席の料金は、

 

エキサイティングシート(前2列)8000円
アリーナS指定席4000円
アリーナ指定席3800円
アリーナ椅子自由席2800円
スタンドS指定席 5500円
スタンド指定席4200円
スタンド自由席4201円となっております。
小学生以上有料、未就学児は1名につき膝上1名まで無料

 

チケットは4月20日に先行抽選、30日から先着販売、5月11日から一般発売されています。

ローソンのローチケ、チケットぴあでチケット販売があるようなのでチェックしてみてください。

 

また、電話でのチケット購入も可能です。

真駒内花火大会運営事務局(Tel:011-841-8166)10時~17時

真駒内花火大会のアクセス

【電車】地下鉄真駒内駅から徒歩30分
真駒内駅からシャトルバスあり(片道210円)

 

【車】道央自動車道札幌北ICから車で23分

 

駐車場はなく、交通規制もかなりあるので、車行くのはおすすめできません。

昨年は12時~22時ごろまで交通規制がありました。

 

会場周辺の一部立ち入り禁止
会場付近の駐停車禁止

と規制されますので注意してくださいね。

 

しかし、車で行かざるをえない人もいると思いますので近隣駐車場を紹介します。

 

真駒内パーク&ライド駐車場
住所:札幌市南区真駒内17-555
駐車台数:15台

 

タイムズ真駒内第2
住所:札幌市南区真駒内緑町4-1
駐車台数:25台

 

北海道真駒内公園
住所:札幌市南区真駒内公園1-3-1
駐車台数600台

 

花火大会当日、スタジアムの駐車場は閉鎖されますので注意してくださいね。

無料で花火を見たい方に!おすすめ穴場スポット

1、北海道立真駒内公園
小高い丘の上にあるこの公園、離れたところで花火全体を見られます。

 

2、豊平川の河川敷
河川敷から眺める花火も、風情があって気持ち良さそうですね。

 

スタジアム内で行われる花火大会は初めて知りました。

 

かなり人気の花火大会でチケットもすぐに完売となってしまうことも多いようですね。

 

ここでしか見られない花火のエンターテイメント、あなたも体験してみてはいかがでしょうか。

sponsored link
おすすめの記事