sponsored link

2019年4月25日発売のKiss 6月号に連載中の『パーフェクトワールド』第46話!

 

インテリア会社に就職した川奈つぐみ(26歳)は建築会社との飲み会で、高校の時の同級生であり初恋の人・鮎川 樹と再会する。

 

樹にトキメキを覚えるつぐみだったが、彼は車いすに乗る障がい者になっていた。

 

「樹との恋愛は無理」。最初はそう思うつぐみだったが……。

 

不完全な世界、君がいなければ──。 ピュアラブストーリー!

 

ドラマが4月から始まっているタイミングで、第二章がスタートとなりました!

 

単行本も大人気で、現在9巻まで発売されていますよ。

 

今回は第46話の『パーフェクトワールド』のネタバレ、感想をまとめました。

 

パーフェクトワールド最新話のネタバレはこちら

sponsored link

パーフェクトワールド【第46話】のネタバレ

夫婦となり新生活を始めたつぐみと樹。

 

二人で幸せな日々を送っているが、将来を意識し始めた時、子供をどうするべきか考えるようになる。

 

樹の障害の重さから最初は躊躇する二人だったが、同じ脊髄損傷を負っている石橋さんに子供がいること、その子と触れ合うことによって、子供を作ることを決意する。

そこに困難があっても・・・。

 

子供を作ることを決めた私たちは二人で病院を訪れ、必要な検査を受けることから始めた。

 

医者から丁寧に不妊治療の話を聞いた二人は、希望を持ちつつ、病院をあとにした。

 

「はー…緊張したね。」

「俺も病院は慣れてるけど、さすがにああいうところは初めてだから。でも良かった。何回かは治療受けられそうで。もしかしたらダメなんじゃないかって心配してた」

「うん。私たちは治療どのくらいすることになるかな…どのくらいになるかわからないけど、治療の回数は決まっている方が気持ちの区切りにもなるし、いいかもね。お金もかかるし」

「そうだな、前向きに行こう」

 

――不安はあるけれど、今までぼんやりとしか考えていなかった「自分たちの子供」というものが次第に現実のものとして思えてくる――

 

樹の手術の結果、私たちの治療は4回になった。

 

つぐみは卵子の採取のために何度も仕事を早退し、病院に通う日々が続いた。

 

治療を終えたある日、仕事中に病院からの連絡を受ける。

 

「採卵できた4つのうち、1つが胚盤胞まで育ちました。次は胚移植に移ります」

 

――この小さな卵が命になるかもしれない…やった!第1段階クリアしたんだ…!

 

喜びを感じながらつぐみは胚移植の辛い手術を乗り切る。

 

――思ったより苦しかったけど、すごい。あの小さな受精卵が私の身体に入った。私の子宮に、確かにある――

 

自宅に帰宅したつぐみを樹が優しく出迎える。

 

「つぐみお疲れ!大丈夫だった?安静にしてなきゃいけないのか?」

「ううん。一応大人しめな生活を心がけろってだけだよ。子宮壁に受精卵が着床したら、妊娠確定になるの。10日したら判定になる」

「そうか。意外に早いんだ」

「ねぇ、もしこれでできちゃったらすごいね。びっくりしちゃうよね?名前とか考えるの楽しそう」

 

嬉しそうに語るつぐみに顔がほころぶ樹であった。

 

ある休日。買い物に出かけたつぐみは今まで素通りであったベビーグッズに思わず足を止める。

 

――男の子でも女の子でもどっちでもかわいいんだろうな。今まで興味がなかったものに自然に目が止まってしまうものなんだな。判定日まであと3日。身体に奥底になにかを感じる。あと少しで結果が出る――

 

そして、判定が出る日。

 

「今回はダメでしたね、鮎川さん。残念ですが、妊娠には至りませんでした」

 

医者からの結果報告に言葉がでないつぐみ。

 

「鮎川さん、治療は続けられますか?」

「…あ、はい。続け、ます…」

「では、少し期間を置いてからまた始めましょう」

 

――ダメだったんだ…2回目はいつになるのかな。半年後かな…。…治療費痛いなあ。

 

病院から自宅へと帰宅したつぐみ。

 

「そうかダメだったか。でも次があるから、また次がんばろう」

「そうだね。石橋さんのところも2回目でできたんだから。…私ちょっと疲れちゃって。少しだけ横になってくるね」

「…大丈夫か?具合悪い?」

「ううん。ちょっと休みたいだけだから」

 

樹には笑顔を見せて寝室へと入り、ベッドに横になるつぐみ。

 

――虚しいな。1回でできることなんてあんまりない。それはわかってた。でも、着床を待っている間の赤ちゃんへの期待感も…。これっきりじゃない。次もチャンスはある。

…でも、あと3回しかないんだ。…私は本当に、本当に樹の子を産めるのだろうか。私はこれから何をすればいいのだろう―――

sponsored link

パーフェクトワールド【第46話】を読んだ感想

以上、第46話のネタバレでした!

 

本格的に不妊治療が始まった二人。すぐにうまくいくものではないと分かっていながらも、期待感があった分、不安にかられてしまうつぐみ。

 

残りの回数が決まっていた方が割り切れると思っていましたが、いざ始まると心は揺れ動きます。

 

これからどんな困難が待ち受けているのか、次回の展開も見逃せませんね。

 

次回最新話が掲載されるKiss8月号は2019年6月25日発売予定です。お楽しみに!

 

パーフェクトワールド最新話のネタバレはこちら

sponsored link
おすすめの記事