sponsored link

静岡県熱海市で年に1度行われ、いろいろな山車が出る面白いお祭り「熱海こがし祭り」。

歴史あるこのお祭りは毎年活気があり人気です。

 

今回はこの熱海こがし祭りについて詳しい情報をお届けしていきますね!

早速チェックしていってください。

sponsored link

熱海こがし祭りとは

今から1300年前、和銅6月15日に熱海湾で漁夫が網を下ろしていると、御木像のようなものがかかりました。すると童子が現れて、

 

「我こそは五十猛命である。この里に波の音の聞こえない七本の楠の洞があるからそこに私を祀りなさい。しからば村人は勿論いり来るものも守護しよう。」

 

とお告げがあり、熱海の西山にあったといわれています。

 

ちなみに五十猛命(いそたけるのみこと)は、日本神話に出てくる神で、大八洲に木を植えてまわった神とされており、別名「木の神」とも呼ばれています。

 

その御神前に麦こがしをお供えすると、とても喜ばれたと言い伝えがあることから、この時期に行われるお祭りを「こがし祭り」と呼んでいるそうです。

 

熱海郷の地主の神としてある「来宮神社」の例大祭のひとつとして行われるお祭りがこがし祭り。

 

新暦は7月15日なので、7月14~16日の間に毎年こがし祭りが行われています。

sponsored link

こがし祭りの内容

最もこがし祭りで盛り上がるのは、山車コンクール。

 

2019年は51回目となります。来場者数は4万人以上という大きなイベントです。

 

ちなみに又吉直樹氏の「火花」の冒頭にも出てきます。

 

熱海市内の各町内で作った、山車・神輿が各30基以上、国道135号線を練り歩き、審査会場で装飾」「お囃子」「行列」の項目から、作り上げた山車の芸術性やアイデア性などを採点し、装飾の部・木彫りの部と分け、順位をつけていきます。

 

※審査会場はジャカランダ遊歩道内

開催時は夕方から夜にかけて行われるので、山車や神輿に使われたいろんな色の電飾がとても綺麗ですね。

 

また夜店も出ますよ。

 

「お宮の松」近くの歩道橋「サンデッキ」上に出店していくみたいですね。

sponsored link

2019年のこがし祭りの日程

2019年のこがし祭りの日時は、7月14日~16日の3日間となります。

 

場所は、來宮神社で、住所は静岡県熱海市西山町43-1。

 

アクセス方法は
[電車] JR伊東線、來宮駅より徒歩約5分(400m)、タクシーで約2分
JR東海道本線/JR東海道新幹線、JR熱海駅より徒歩18分(1.6km)、バスで約20分(JR熱海駅から十国峠行きまたは、西山循環乗車後、來宮神社前で下車)、タクシーで約6分

[車] 東名高速道路厚木インターから小田原厚木道路、国道135号経由で約1時間
東名高速道路沼津インターから約40分

 

7月14日
宵宮祭(17時~):例大祭で行われる一切の神事が無事奉仕できますようにと祈念します。

 

7月15日
宮神輿渡御(9時~)
【スケジュール】
9時 宮出し
10時15分 咲見町
10時40分 熱海駅
11時30分 親水公園(休憩)

12時30分 親水公園出発
13時30分 銀座町
14時15分 郵便局前
15時 宮入り

 

となっています。

 

例大祭(11時~)
山車コンクール(18時30分~)

 

7月16日

神幸祭(8時30分~):來宮の神々を御鳳輦(ごほうれん)(屋形の上に金銅の鳳凰を飾りつけた輿)に乗せて町におり、町の繁栄を祈ります。

 

神幸祭の行列は500人以上となり、その行列の中の「猿田彦天狗」は、天尊降臨のときの案内した神様であり、神幸祭では御鳳輦に鎮座する來宮大神の案内をします。

 

猿田彦天狗は「麦こがし」を撒きながら道中を案内します。

この「麦こがし」に触れると無病息災・身体健康になると言われています。

 

【神幸祭スケジュール】
9時50分 來宮神社→宮坂・上宿通り
10時10分 湯前神社(鹿島踊奉納)

10分25分 湯前神社出発→ 温泉通り・東銀座・咲見町・平和通り
10分50分 熱海駅(御旅所祭:鹿島踊奉納・休憩)

11分40分 出発→田原・汐見・海岸通り→
12時05分 サンビーチ

 

【御鳳輦浜降り神事スケジュール】
12時40分 サンビーチ出発
13時05分 御神地(渚小公園)到着

 

【奉祝神賑行事(鹿島踊・神女神楽・浦安舞)スケジュール】
14時御神池出発→清水町通り・三島信金経由・旭町観光通り・銀座
14時20分 銀座到着(鹿島踊奉納)

14時30分 銀座出発
14時40分 市役所到着

15時 市役所出発・仲田通り・福道通り
15時40分 來宮神社到着、還幸祭開始

 

御鳳輦浜降り神事(12時~):サンビーチで行われ、四十二歳(厄年)をむかえた男性たちが、「みょうねん」と声を発し、神々に感謝の意を表して、御鳳輦を力強く担ぎ上げ、浜から海中に入っていく行事です。

 

山車コンクール(18時30分~)

2019年こがし祭りの交通規制について

交通規制期間は7月15日と16日の2日間。

 

規制区間は

 

・国道135号線上り、マリンスパあたみ入口信号から、市営東駐車場第2ゲート手前

・銀座通りを含む周辺道路

 

が該当します。

 

熱海市環境協会が発表している、熱海こがし祭り山車コンクールの交通規制図がありますので参考にしてください。

 

こがし祭り開催中は來宮神社の駐車場に止められないと思われます。

 

[近隣駐車場] ・市営来宮駐車場(來宮神社まで徒歩5分)
住所:静岡県熱海市福道町6

 

・ショウワパーク來宮神社前
住所:静岡県熱海市福道町8-71

來宮神社は、熱海の温泉街から徒歩20分ほどしか離れていないので、温泉旅行を熱海こがし祭りにあわせて予約するのも良いですね。

 

毎年大盛況の熱海こがし祭り。参加してみてはいかがでしょうか。

sponsored link
おすすめの記事