sponsored link

2019年7月8日発売のプチコミック7月号にて連載中の『今度の恋は勝ちましょう』第3話!

 

大注目のブレイク作家、七島佳那先生の最新作です。

 

これぞ新時代のオトナ女子のたしなみ!?

“一口馬主”ライフ&モテ期到来…なんてワケある!?

 

仕事漬けで、気づけば金はあれども女子力ゼロのアラサー女と化したなの加。

 

このまま20代を終えるのか・・・と迷える彼女は、偶然訪れた競馬場で“運命の出会い”を果たし・・・!?

 

今回は第3話の『今度の恋は勝ちましょう』のネタバレ、感想をまとめました。

 

今度の恋は勝ちましょう最新話のネタバレはこちら

 

前話(第2話)の内容を振り返りたい方はこちら

sponsored link

今度の恋は勝ちましょう【第3話】のネタバレ

ここは北海道。黒瀬さんと1泊2日の牧場見学ツアーに来ています。出資する馬を選ぶツアーです。

 

楽しみではあるけれど…問題は、上司の黒瀬さんとホテルが同室らしいということです。

 

「わあ!たくさん並んでる!」

 

牧場に着くと、そこにはたくさんの馬と調教師が待ち構えていた。

 

「まずは牝馬の展示だよ。よし、この馬から見ていくか」

 

黒瀬と共に馬に触れ、話しかけ、どの馬にするかを見定めていくなの加。夢中になっていると、いつの間にか黒瀬がいなくなっている。

 

「え、うそでしょ…バスで会えるし、大人だし、大丈夫だけど、一人で馬を見ろと!?…仕方ない、一人で見ていこう」

 

カタログを片手に気になる馬を見ていくなの加。すると、他の参加者たちが話しかけてきた。

 

「馬がかわいく見えるということはね、調子がいいということなんだ」

「ほかにどの子がよく見える?」

「えーと、22番の子とか…」

 

――なんか、楽しい。知らない人たちとこんなに会話ができるなんて…。やっぱり私に足りなかったことは、趣味を持つことだったんだ。

 

なの加が参加者たちと盛り上がっていると、後ろから急に肩を抱かれた。振り返るとそこには黒瀬の姿が。

 

「鹿山、行くぞ」

「あっ黒瀬さん、急に消えるからビックリしましたよ~」

 

そう言うと、黒瀬は急に自分がかぶっていた帽子をなの加にかぶせた。

 

「…日焼けするから、かぶっとけ」

 

今度は二人で一緒に牡馬を見に行くことに。すると、黒瀬に一人の男性が話しかけてきた。

 

「要宇!どう?どの馬にいくか決まった?…おや、誰かな?」

「会社の部下、新規会員」

「…彼女?」

「部下」

「鹿山なの加です」

「芦浦裕太です。要宇とは高校の同級生だよ」

 

――黒瀬さんに仲良しの友達がいたとは…孤高の人じゃなかったのか…。

 

見学を終えた二人は、ホテルへと戻り、部屋へとやってきた。部屋へ入ると、そこには2つ並んだベッドが。

 

――今夜ここに泊まるんだ。黒瀬さんと…

 

「はい、オレ、壁側のベッド!」

 

――…緊張感皆無!!!

 

宴会場で夕食を済ませた二人。慣れないお酒を飲んだせいか、なの加はそのまま机に突っ伏してしまう。そんななの加を黒瀬が抱きかかえ、部屋へと送ることに。

 

「まさか要宇にいいカンジの子がいるとは思わなかった」

「ただの部下だって。そもそも別れて半年も経つし。それにオレ、結婚しないから。彼女もいらない」

 

揺れる感覚から目が覚めてきたなの加は、ぼーっとしながら話を聞いていた。

 

――そうなんだあ…黒瀬さんは結婚したくない人なんだ…もったいないなあ…でも…

 

「いいと思います。結婚ていうか、幸せになれればいいんだと思う…幸せの形はみんな違うから正解なんてない、の、です…私も、正解を、見つけるのです…」

 

そう言葉を発すると、またなの加は夢の中へと旅立っていった。

 

「びっくりした…鹿山ちゃんはふわっと生きてる子かと思ったけど、案外深いかもしれないね」

「…芦浦、オレのポケットからルームキー出して…じゃ、おやすみ」

 

部屋へ入り、なの加をベッドへと下ろす。黒瀬が立ち上がろうとすると、なの加の手が黒瀬の服を掴んでいた。

 

「なんだよ、鹿山、放せって…マジか…」

 

――朝…?ああ…カーテン閉め忘れたのか、まぶしい…。あれ、何か乗って…

 

なの加が目を覚ますと、横には黒瀬の姿が。

 

「くっくろせさっ…」

「…ん…おはよ…」

 

まだ眠そうな黒瀬はそのままなの加を引き寄せ、そっとキスをした。

 

「…もう少し寝かせて…」

「・・・・・・・」

 

――――え、え、え、え、え、ええええ!?

 

朝食の時間、なの加は思い切って黒瀬に尋ねる。

 

「あの…黒瀬さん、 覚えて、ます?」

「言っとくが鹿山がオレの服を掴んで放さなかったんだぞ。寝込みを襲ったわけじゃないから」

「いや、そうではなく……」

 

――人生史上初めてのキスは、忘れられています…――

sponsored link

今度の恋は勝ちましょう【第3話】を読んだ感想

以上、第3話のネタバレでした!

 

北海道へと1泊2日の馬見学ツアーにやってきた二人。やっぱり何か起こる旅行になりましたね。

 

寝ぼけてなの加にキスをするも、それを覚えていない黒瀬。

 

結婚はしない・彼女はつくらないという考えの黒瀬は、これから変わっていくのでしょうか?

 

二人の関係がどうなっていくのか、次回以降の続きが気になりますね。

 

次回最新話が掲載されるプチコミック9月号は2019年8月8日発売予定です。お楽しみに!

 

今度の恋は勝ちましょう最新話のネタバレはこちら

sponsored link
おすすめの記事